靴底の減り方と体の不調 外反母趾やO脚の原因

靴底の減り方は、いわば「習慣やクセの結果」なので、その人の歩き方の特徴が表れます。
 
そのため、減り方を見れば理想的な歩行フォームかどうかが判断でき、場合によっては不調を招くリスクも指摘できます。
 

かかとが極端に減っている人はがにまた歩きの癖がついているため、腰痛を引き起こすリスクがあります。
 
 
つま先が減っている人は、いつもつま先に力を入れて歩いているため外反母趾になりやすいと言えます。
 
外側が減る人はO脚やがにまたの傾向があるので、ひざや足首、腰に負担をかけています。
 
 
歩くフォームは無意識に行うものなので、一度クセがつくと習慣になり、意識して直さない限りなかなか矯正されません。
 
歩く姿勢の悪さで起きた疾患は、ある意味生活習慣病と言えるのではないでしょうか。長年の習慣が積み重なって体の調子を崩す原因になるわけなので。

デューク更家さん 正しい歩き方のチェックポイント

ウォーキング健康法で支持を集めているデューク更家さんは、正しい歩き方をすればO脚など体の不調だけでなく、心の不調も治る、と主張しています。
 
正しく、堂々と歩けば性格も変わるのだとか。
 
いいことがいっぱい起こる歩き方 (幻冬舎文庫)
いいことがいっぱい起こる歩き方 (幻冬舎文庫)
 
更家さんが挙げる、正しく歩くポイントとしては次のようなものがあります。

・背筋を伸ばしてあごをひく
・お腹を引っ込める
・一直線上を歩く
 
・できれば大股で
・つま先をまっすぐに
・着地するときはかかとから着地し、体重は→土踏まずの外側→小指の付け根→親指と移動させる。

靴底をチェックして、正しく歩けば体調だけでなく心の不調の改善も期待できるのではないでしょうか。
 
 
外反母趾改善アイテム・改善法
骨盤ゆがみ・O脚・X脚対策アイテム・改善法

コメントを残す