みんなの肌潤風呂 購入前の参考に お風呂後の乾燥防止

hadajun-buro-seihin

みんなの肌潤風呂は、入浴による過乾燥を防ぐための入浴化粧品です。
 
アトピー肌専用入浴剤『みんなの肌潤風呂』
 
お風呂は清潔を保ち、健康のためには欠かせない習慣ですが、注意点もあります。
 
それは
 
肌の乾燥を招きやすいこと
 
です。

お風呂の後は肌が乾燥しやすい

お風呂で身体を洗うと、皮膚表面の脂分が流されます。
 
脂分は肌の水分をキープする「フタ」のような役割をしています。
 
脂分を分泌する機能の無い唇は、寒くて乾燥する季節には水分が逃げてしまうのでカサカサになります。
 
そこでリップクリーム(脂分)を塗ってフタをするわけです。
 
 
お風呂から上がったばかりの時点では、全身で「フタ」がなくなっています。
 
 
加えて湯船のお湯につかることで、肌の毛穴や角質細胞が開いているので、内側の潤いが外へ逃げやすくなっています。
 
そのため、美容に関する記事では「お風呂から上がったら、○分以内に肌の保湿を!」といったケアを勧めているものもあります。
 
しばらくすれば皮脂は再び分泌されるので、「乾燥しっぱなし」ということはありません。
 
 
しかし皮脂の量が少ない場合、「フタ」がいつまでも作られないので肌が乾燥するので何らかのケアが必要です。
 
「肌潤風呂」は、お風呂での乾燥が気になる人のために作られました。
 
hadajun-buro

肌潤風呂の成分

「お風呂に入って、肌の清潔さと保湿」を実現するため、肌潤風呂は以下のような成分を含んでいます。
 

別府明礬(ミョウバン)温泉の湯の花

皮膚・毛穴の油脂や汚れを除去しつつ、肌にミネラルを与えてくれます。
 

自然素材による炭酸発泡素材

微発泡がお湯を柔らかくして、肌を優しく包み込んでくれます。
 

ビート由来の糖分

砂糖は水分を引き寄せる性質があります。温泉ミネラル成分タップリな水分を角質層へ届けてプルプル潤い肌をサポートします。
 

潤い保湿ヴェール成分

引き寄せた潤いを逃がさないための保湿ヴェール。これが入浴後の過乾燥を防ぐポイントです。ヴェール自身も水分を含んでいます。
 

塩素除去成分

水道水に含まれ、刺激の主因となる塩素を除去し、肌に優しい水質に変えます。塩素は雑菌の繁殖を防ぐ役割を担っています。
 
しかしプールをゴーグルなしで泳ぐと目が炎症を起こすように、デリケートな肌にはトラブルのもとです。
 
肌潤風呂はこのトラブルの原因を除去します。

こんな方に使ってほしい肌潤風呂

肌潤風呂は、アトピーなどの理由で刺激を避けたい、肌に潤いをプラスしたい、こんな方のための入浴化粧品です。
 
・アトピーのかゆさに悩まされている
・乾燥肌、カサカサ肌を改善したい
・お風呂の後、身体がかゆくなる

 
 
購入者の体験談コメントやさらに詳しい製品解説はこちらから!
↓ ↓ ↓

アトピー肌専用入浴剤『みんなの肌潤風呂』

コメントを残す