健康ネタを扱うようになってよかったこと

健康メルマガやこのサイトを運営していると、自然と健康に関する知識が身についてきます。
 
「あの食べ物には健康効果がある」「あれを飲むと健康にいい」といった情報は世の中に氾濫しており、ややもするとあれもこれもで結局何も続かなくなったりします。
 
情報に振り回されてしまうこともありますが、基本的に健康に関する知識は多くて困ることはありません。
 
健康に関する知識が増えることで、私は自分を良いほうに変えることができました。
 

健康意識の高まりで自分に起きた変化

健康ネタを扱うようになって起きた変化はいくつかありますが、もっとも顕著なものを以下に二つ挙げます。
 

自分の体調や食事、運動などに敏感になり、できることが増えた

寒い季節などに「何かおかしいな?カゼかな?」と感じることってよくありますよね。
 
そんな時に、どう対処するか?のネタは多くて困ることはありません。
 
「特に何もせず、気合いで治す!」というのも、効果があればOKですが、多くの場合は何らかの対処が必要です。それが適切なら、カゼを悪化させずに済みます。
 
ちなみに私の場合、カゼ気味ならまず鼻うがいを試みます。軽い症状であればリカバリーできます。
 
こうしたことは、自分の体調に敏感で、かつ対処法を知っていれば可能になります。
 
 
これは、”予防”においても同様です。
 
・カゼを引かないようにする
・太らないようにする
 
・・・ためには何をすればいいか?に敏感になり、実践できるようになれば、体調を崩すこと自体が少なくなります。
 
私の場合、スピルリナを飲むようになったのが一番の例です。スピルリナを飲む習慣をつけたおかげでいぼが治り、カゼもひきにくくなりました。
 
この件については、こちらのコンテンツをご覧ください。
いぼ撃退体験談
 
 
体重を増やさないためのちょっとしたコツ、運動や呼吸法など、「自分の体に良い影響を与える知識と実践」は、多ければ多いほど体調が良くなるのは道理です。
 
 
逆に、健康に無頓着であればあるほど不健康になっていくのもこれまた当たり前です。
 
タバコを吸って、カロリーや栄養は全く考えない食事をとり、運動もやる気なし、なんて生活をしていれば、調子が悪くならないワケがありません。
 
 
ある程度は自分の身体に気を配って、ケアし、「自分の心身を良いほうへ向ける心がけ」を続けていればどんどん良くなっていくものです。(といっても、あまり気張りすぎてもダメでしょうけど)
 
ほんのちょっと自分の身体を気遣ってやると・・・
 
・しょっちゅうカゼをひいていたのが、食べ物に気をつけるようになって体調の良い日が増えた
 
・ウォーキングやエクササイズなどを適度に行うようになったら、お腹も引っ込み、身体も軽くなって非常に活動的になった
 
といった例は、私自身に起きたことですし、私の身内やメルマガ読者さんからも聞いたことがあります。こうなったら、好循環が始まるのでしめたものです。
 

 
健康関連の知識が増えて良かったことがもうひとつあります。
それは・・・。
 

人と話すときの話題に困らなくなった

健康って、共通の話題になることが非常に多いんですよ。私より年上の人であれば、話題に困ることはほぼありません。
 
私自身を含めて、自分の健康が気になる世代ですからね。
 
自分の体験を話したりしやすいトピックでもあります。私が店を出していた時代、お客さんや営業の人とも会話に詰まることはほとんどありませんでした。
 
 
もともと「健康」というくくりはカバーする範囲がとんでもなく広いんです。
 
 
食べ物、栄養、運動、血圧・血流、ダイエット、喫煙、肌、毛髪、脳、心・・・などなど
 
 
これだけカバーしていれば、話題に困ることはまずありません。
 
しかもそれぞれは関連してつながっていますから、芋づる式に話題が出てきます。話が途切れません。
 
「健康には無頓着です」なんていってる人でも、ダイエットには興味があったりするものです。ダイエットに関連する話題もこれまた話しきれないほどあります。
 
食事、運動、ダイエット法など、メディアでも毎日のように何かしら報道しているのでネタには事欠きません。
 

 
私のメルマガやこのサイト・ブログが健康生活の助けになり、コミュニケーションのタネになればいいなぁと思います。

コメントを残す