DHCの遺伝子検査でわかること 管理人の結果も

このコンテンツでは、DHCの遺伝子検査でわかることを一部紹介します。
 
私はこの検査を受けており、
 
※参考コンテンツ
DHCの遺伝子検査やってみました
 
その結果も少し交えていきます。
 

まず、血液中の以下の栄養素の濃度がわかります。

血液中のビタミンA濃度/血液中のビタミンB12濃度/血液中のビタミンD濃度/血液中のビタミンE濃度/血液中のリン濃度/血液中の鉄分濃度/血液中のマグネシウムイオン濃度/血液中のカルシウムイオン濃度

これらの濃度は、生まれつき決まっています。
 
例えばビタミンAの濃度が生まれつき低い人は、ビタミンAが不足気味になり、目が疲れたり視力が悪くなりがちです。
 
ビタミンAの不足により発生する不調が起きやすくなるのです。
 
 
その他にもわかりやすい例として、ビタミンDやカルシウムイオン濃度が低いと、骨が弱くなりやすい体質といえます。
 
かなり昔に、「私は骨密度が低め」とメルマガでお知らせしたことがあります。
 
遺伝子検査でも、それを裏付ける結果が出ています。
 
カルシウムイオン濃度は「標準」ですが、ビタミンD濃度は「低い傾向」なのです。
 
骨密度を決めるのはビタミンDやカルシウムだけではありませんが、遺伝子検査でこういう結果を見ることで、骨密度キープのために
 
・カルシウムやビタミンDの摂取量を増やそう
・骨にある程度刺激を与える運動をしよう

 
といった方針を立てられます。
 
 
目の病気である

加齢黄斑変性/強度近視/角膜乱視

の三種類の発症のしやすさがわかります。
 
私の場合、この三つともややなりやすい傾向でした。
 
私は中学生ぐらいから強度の近視であり、また乱視もかなり進んでいます。目があまりに悪かったので、レーシック手術を受けた件はこのサイトでも以前お知らせしました。
 
加齢黄斑変性になる可能性も高めなのかもしれません。DHCさんの解説を参考にすれば、「タバコを吸わない、テレビやパソコン画面を長時間見つめない」ことでリスクを下げられるようです。
 
あと、緑黄色野菜や魚食も良いようです。
 
 
生活習慣病であるこれらのリスクもわかります。

痛風/胆石/尿路結石症/脳梗塞/心筋梗塞/2型糖尿病/動脈硬化/脂質異常症/LDLコレステロール/収縮期血圧(最高血圧)/拡張期血圧(最低血圧)

このへんは説明不要と思うので、私の検査結果を赤裸々に(?)紹介します。
 
「リスクが(少し)高め」判定だったものを挙げます。
 
痛風・・・「ややなりやすい傾向」
脂質異常症・・・「なりやすい傾向」
LDLコレステロール・・・「高い傾向」
収縮期血圧・・・高い傾向
拡張期血圧・・・やや高い傾向

 
その他の項目は全て「標準」判定でした。
 
「私は血圧が高め」という件も、このサイトやメルマガでたびたびお知らせしています。良くしたもので、遺伝子検査の結果そのままですね。
 
私は循環器系の病気には要注意のようです。個人的に絶対防ぎたいと思っている糖尿病リスクが「標準」なのはちょっと安心です。
 
 
体の代謝能力もわかります。

アルコール代謝/ニコチン依存症/カフェイン代謝/カフェイン過敏症

私の結果はちょっと悲惨でして、
 
アルコール代謝・・・「ほとんど代謝できない」
ニコチン依存症・・・「ややなりやすい傾向」
カフェイン代謝・・・「標準」
カフェイン過敏症・・・「なりやすい傾向」
 
と、私は”代謝系”はかなり弱めのようです。
 
アルコールが代謝できない件は、こちらで少し詳しく書いています。
 
ちなみにカフェイン代謝が遅いと、心臓病の発症頻度が高くなりやすいそうです。
 
またカフェイン過敏症の人は、わずかのカフェイン摂取でも動悸、めまい、強い不安感などを起こします。「カフェイン中毒」に似た症状が出るのです。
 
私はコーヒーやお茶、紅茶をほぼ毎日飲みますが、調子が悪くなったことは一度もないので、カフェイン過敏症ではないようです。
 
 
骨に関するこちらの

変形性関節症/骨粗しょう症

変形性関節症は「標準」判定なのですが、骨粗しょう症は上に書いていることと関連して「ややなりやすい傾向」です。
 
 
アレルギーに関してはこの2項目がわかります。

花粉症/鼻炎

私は花粉症は「標準」で、鼻炎は「ややなりやすい傾向」でした。
 
私は毎年春になると軽~い花粉症になるのですが、鼻炎はそれほど自覚がありません。これは「判定が逆じゃないかな?」という感があります。
 
 
その他の病気について。

貧血傾向/片頭痛/円形脱毛症/疲労/慢性疲労症候群/入眠時間(夜型)/抗酸化/摂食障害/肝機能(解毒)

「標準」以外の判定だったものを挙げます。
 
貧血傾向・・・「ややなりやすい傾向」
片頭痛・・・「ややなりやすい傾向」
円形脱毛症・・・「なりやすい傾向」←!!
慢性疲労症候群・・・「ややなりやすい傾向」
入眠時間(夜型)・・・「やや遅い傾向」
抗酸化・・・「低い傾向」
 
最初の「血液中の鉄分濃度」は低い傾向だったので、これが貧血傾向の「ややなりやすい」に反映されているようです。
 
なんと、円形脱毛症は「なりやすい傾向」でした。(´Д`)
 
いまのところその予兆はありませんが、ちょっと気をつけておきます。


DHCでわかることの紹介は以上です。
 
ここで挙げたのは一部で、その他にも

能力
情報処理速度/計算速度/記憶力
 
におい
におい感知度/体臭
 
体形
身長/体重/胸の大きさ/ウエスト・ヒップ比(腰のくびれ)/ウエスト周り(ウエストサイズ)
 

髪の太さ/髪のカール
 
パーソナリティ
危機回避/運動/甘味摂取傾向/祖先

といったことがわかります。
 
 
遺伝子検査キットの使い方についてはこちらのコンテンツに記事を書いています。
DHC遺伝子検査やってみました
 
DHCさんの遺伝子検査キットのコンテンツはこちらです。
DHCの遺伝子検査 元気生活応援キット

コメントを残す